ポラン広場の宅配

【改定】POD (飲食料) 商品取扱い基準・被曝対策編

2012/12/03
(2013/04/03改定)

改定の要旨

2013年4月1日より、「POD (飲食料) 商品取扱い基準・被曝対策編」の一般食品と牛乳の基準値を、一般食品 25 ⇒ 10、牛乳 5 ⇒ 2に改定しました。〔値はセシウム合計、単位:Bq/kg〕

改定の理由

  1. 現状が改定基準値を十二分に満たしています
    2012年1月の独自基準設定後の放射性物質検査で、定量下限(※)を超える数値が検出された品目は、もち米、炒り糠、蓮根、せり、きのこ、筍、柚子、栗などに限られています。改定値を超えるものは、もち米玄米、栗、柚子の3品目のみです ※定量下限とは、定量できる最も低い値の限界です
  2. 2012年3月実施の茨城・要ファームの農地全面検査の結果から、土壌から作物への移行率を実際の10~100倍の安全寄りに見積もった試算でも、畑作で10 Bq/kgを越える作物が産出される可能性は極めて低いと考えられます
  3. 東電福島第一原発事故により放出された放射性セシウム137と134の比率は概ね1:1とされ、セシウム134は2013年3~4月に半減期を迎えます
  4. 生産者の自主検査も概ね1~ 5 Bq/kgの定量下限、検出下限で実施され、すべて不検出です
  5. 牛乳は、独自検査0.5 Bq/kg、木次乳業等の自主検査1 Bq/kgの定量下限で、すべて不検出です

放射性セシウムの基準値

〔Cs-134・137計 単位:Bq/kg〕
POD商品取扱い基準
〔外・内部被曝合計 年間1mSv以下〕
〔2013年4月改定〕
POD商品取扱い基準
〔外・内部被曝合計 年間1mSv以下〕
【参考】国の2012年 新基準
〔飲食による被曝で年間1mSv〕
食品群
基準値 (Bq/kg)
食品群
基準値 (Bq/kg)
食品群
基準値 (Bq/kg)
一般食品
10
一般食品
25
一般食品
100
牛乳
2
牛乳
5
牛乳
50
飲料水
1
飲料水
1
飲料水
10
乳児用食品
1
乳児用食品
1
乳児用食品
50
  • 一般食品基準値10 Bq/kgは、これを超えるものは会員の方々のご判断を待つまでも無く、一切取り扱いをしません!という指針です。これ以下なら許容という「安全基準」ではありません。放射線被曝にこれ以下なら大丈夫という閾値(しきいち)は無く、出来得る限りゼロを目指す事が基本と考えるからです
  • 「一般食品」の内、主食の米や食する機会の多い食品は、より被曝の影響を受けやすい子ども、とりわけ乳幼児、妊娠・授乳中の女性、被曝の危険性が高い地域の利用者に配慮し、独自基準の「牛乳、飲料水、乳児用食品」レベルを基本とします

【PODの被曝対策の基本】

  • 被曝を可能な限り少なくすること。日常では自然界からの放射線に曝されていますが、これを防ぐことは困難です。その上に、「核」汚染による放射線被曝を加えないことが大切です
  • 継続的に独自放射性物質検査分析を含む情報収集と、的確な情報公開を行ない、ご利用いただいている方々の主体的な判断・選択の指標を提供します

POD ポラン広場の宅配 (飲食料) 商品取扱い基準・被曝対策編

2012年1月4日
(2012年12月16日更新)

POD独自基準『(飲食料)商品取扱い基準・被曝対策編(2012年1月4日設定)』について
被曝を可能な限り少なくすることを基本に、国の「食品中の放射性セシウムの新基準」について検討をし、下記のように、独自取扱い基準〔食品中の放射性セシウムの基準値〕を設定しました

放射性セシウムの基準値

POD商品取扱い基準
[外・内部被曝合計年間1mSv以下]
【参考】国の「食品中の放射性セシウム新基準」
[飲食による被曝で年間1mSv]
食品群
基準値 (Bq/kg)
食品群
基準値 (Bq/kg)
一般食品
25
一般食品
100
牛乳
5
牛乳
50
飲料水
1
飲料水
10
乳児用食品
1
乳児用食品
50

【POD商品取扱い基準の骨子】

  • 年間被曝量を外部被曝・内部被曝合計で1mSv以下にすることを基本にします
  • 被曝の要因を、外部被曝1/4、内部被曝3/4 (呼吸1/4、飲料1/4、食料1/4 ) と考え、「食品群」に振り分けます。飲料1/4は実際には採用しません、以下のとおりです
  • 「一般食品」は、国の新基準値100Bq× 1/4 = 25 Bq/kg
  • 「牛乳」は、乳幼児の被曝への感受性に配慮して2012年4月新基準値× 1/10= 5 Bq/kg
  • 「飲料水」は不検出が基本。委託検査機関の核種別精密検査の定量下限値:1 Bq/kg(放射性セシウム計)
  • 「乳児用食品」は不検出が基本。委託検査機関の核種別精密検査の定量下限値:1 Bq/kg(放射性セシウム計)

【PODの被曝対策の基本】

  • ポラン独自基準の「一般食品」25Bq/kgは、これを超えるものは会員の方々のご判断を待つまでも無く、一切取り扱いをしません!という指針です。これ以下なら許容という「安全基準」ではありません。放射線被曝にこれ以下なら大丈夫という閾値(しきいち)は無く、出来得る限りゼロを目指す事が基本と考えるからです
  • 「一般食品」の内、主食の米や食する機会の多い食品は、より被曝の影響を受けやすい子ども、とりわけ乳幼児、妊娠・授乳中の女性、外部被曝の危険性が高い地域の利用者に配慮が必要です。「一般食品」「牛乳」もその基準値に関わらず、1Bq/kg未満を目指します

1年間の放射性物質検査分析結果のまとめと今後の対策について (2012年4月2日)
原発震災以来、会員の方々のご支援と先進的な専門検査機関の協力により、東日本地域を中心に600品目を超える農産物や食品の検査分析を継続的に実施することができました。誠にありがとうございました

  • 検査分析と検証から、以下の事が明らかになりました
  1. 田畑に降下した放射性物質(主にセシウム134、137)は土壌表層に強く保持され、作物にはほとんど移行しなかった事。震災後に種蒔や植付をした夏秋の野菜と米穀類からはまったく放射性物質が検出されませんでした
  2. 葉面や樹皮に付着した放射性物質は、水分・養分と共に新芽や果実やキノコ類に移行する事。昨年5月以降の新茶、栗、柚子、原木椎茸、オガクズを使用した菌床栽培きのこから放射性物質が検出されました
  3. 水に溶け込んだ状態の放射性物質は、作物に吸収されやすい事。昨年10月になって宮城加美町の奥羽米と茨城行方市の蓮根の一部に放射性物質が検出されました。山林に降下した放射性物質が、夏の有機物の分解により水に溶け出し、台風などの大雨で水田に流入し、水と共に吸収されたものと推定されます
  • 農産物の検査と農地全面の土壌検査、作物への放射性物質の移行低減・抑止の対策を総合的に実施します
  1. 農産物の品目毎・畑毎の検査頻度を高め、更にきめ細かい高精度検査分析を継続します
  2. 最新鋭測定装置による農地全面の土壌検査を実施し、サンプル検査の結果と実際にお届けする農産物の状態の同一性〔安全性〕を客観的・科学的に実証します
無農薬・反農薬有機野菜 1980-2012 認証有機生産物の宅配

POD ポラン広場の宅配は、POD (株)ポラン オーガニックフーズ デリバリが運営するオーガニック食品と暮らしまわりグッズの会員制個人宅配サービスです。オーガニック・有機野菜・有機食品・無添加自然食品や自然と環境に配慮したエコロジー生活雑貨など 4,000品目を専属配送員がご自宅までお届けしています